構内作業用 新80Tラフテレーンクレーン導入!

2019.05.20

 この度、日本製鋼所室蘭製作所構内作業に於いて約10年間活躍した50Tトラッククレーンに代わり
80Tラフテレーンクレーン(KATO製 SL-850Rf)を導入、平成31年4月25日に納車され同日13時30分より
安全祈願式を取り行いました。
神主様及び祈願式に参加された全員で滞りなく安全祈願を実施しましたので本格稼働は新元号の令和元年5月下旬に
なるかと思います。

新規ラフテレーンクレーンは、6段高剛性スーパーブーム搭載で、ブーム最長45mで最大吊上能力80Tx2.2M(前方30°範囲)、
最大吊上揚程46m、フルブーム時最大定格総荷重8.2Tでカウンタウエイト装着により1.8Tx41Mに、又ロックピン
の固定位置を増加したタイプで、よりパワフルな作業性(35T/ブーム 24m、38T/20m、40T/13m~17m)に加え4次環境
対策型クレーン(ecoスイッチ搭載、オートミニマムコントロール搭載、平成26年ディーゼル特殊自動車排出ガス規制
適合、低騒音型)で作業性向上に加え環境に優しいラフターです。

現在は当社社員の運転操作教育及び試運転を5月8日から実施し早ければ5月下旬に本格稼働させる
予定となっております。

今後多様化するクレーン運搬玉掛作業に対応すべく使用重機の更新と共にそれを扱うオペレーターのスキルアップ
を目指していきます。

ご安全に!

最新

次ページ